yahoo、グーグル、MSNなどの大手を始めとする、検索エンジンの検索結果で上位に表示、ランクインさせるための知識・技術であるSEOについて紹介・解説しているサイトです。SEOによって検索上位にランクインされることで今まで以上に人の目につくようになり、更なるアクセスアップが期待できます。伸びないアクセス数、検索結果下位にお悩みの方は是非「イントロデュースSEO」にて公開しているSEO知識・技術をご覧になってみてください。

タイトルの付け方と見出しタグの使用

単純にホームページを作るだけで有れば、タイトルの付け方や見出しタグと言われるヘディングタグの使用は特に意識する必要もありません。これら要素に注意せずともタイトルは単純にサイトの名前にしておけばいいですし、見出しタグを使わなくとも見出しと同じように見せることが可能だからです。しかしこれら要素が検索エンジンにどういう風に効果があるのかを把握し、適切に設定することで検索結果で上位に表示される可能性が高くなります。このページではタイトル要素とヘディングタグの使い方についてご説明します。

タイトル要素はなるべく人の注意を引くものに

htmlソースを覗くと分かりますが、<title></title>のタグで囲まれた部分がタイトル要素と言われる部分です。このページを例にして見てみると、

<title>タイトル要素に注意|イントロデュースSEO</title>

となっています。この部分は検索エンジンで表示されたサイトの名前として表示される部分なので、なるべく人がクリックしたくなるような、人の興味を引くようなタイトルにしておくとベターです。人の興味を引かない=アクセスさせる可能性が低いということになります。また、タイトルにはサイトのテーマと関係があるキーワードを含めておくのも効果があると言われています。これは、web上を定期的に巡回してサイトの情報を集めているクローラーという機械が、タイトルとそこに含まれるキーワード、内容を読み込んでどういったサイトなのか、適切なサイトかどうかを判断するので、クローラーに「このサイトは○○○をテーマにしたサイトです」という情報を読み込んでもらいやすくするために、なるべくタイトルにはキーワードを入れるようにしましょう。