yahoo、グーグル、MSNなどの大手を始めとする、検索エンジンの検索結果で上位に表示、ランクインさせるための知識・技術であるSEOについて紹介・解説しているサイトです。SEOによって検索上位にランクインされることで今まで以上に人の目につくようになり、更なるアクセスアップが期待できます。伸びないアクセス数、検索結果下位にお悩みの方は是非「イントロデュースSEO」にて公開しているSEO知識・技術をご覧になってみてください。

ヘディングタグの有効活用

見出しタグ、ヘディングタグ、と言われてもホームページ作成を始めたばかりの人やそもそもhtmlソースに詳しくない方には意味が分かりません。しかし、SEOを施す場合において無視できない要素がこの見出しタグなので、見出しタグ(ヘディングタグ)が持っている効果と効果的な使用方法についてこのページではご説明します。

見出しとしての役割

見出しタグはh1からh6まで計6つあり、h1が一番重要度が高く、h6へと下がるにつれて重要度も順に下がります。そもそも見出しとはあるものに対しての説明、注意といった内容が主で、見出しとなる文はなるべく目立たせるようにするのが常です。見出しを用いて表現しているのに文字が小さすぎて見えなかったり、文字の色が通常の文と同じ色で区別がつかない状態だと「見出し」としての役割をきちんと果たしていない、と言えます。見出しタグはそのまま使用するとh1が一番文字サイズが大きくh6が一番小さくなりますが、そのまま使用してサイトのデザインに支障がるようならcssを使って文字のサイズやカラーを変更してあげましょう。

見出しタグの内容

スーパーの折り込みチラシ等を見ると分かりますが、見出しとなっている部分はそのスーパーが一番見て欲しい情報が記載されています。例えば「○○○特売!」「○○まで大安売り」「大特価!」といった具合に、とにかく人の注意を引くようなフォントや色、インパクトで見出しとして充分に機能するようになっています。ホームページにおいてもそれは同様で、見出しタグを使用した場合はその内容はそのページで伝えたいこと、目立たせたい内容を入力するようにしましょう。タイトル要素と同じようにキーワードを絡めるのもSEOとして効果があると言われています。特に一番重要度が高いh1にはそのページで一番見て欲しい内容、キーワードを使うようにすると良いでしょう。ここで注意して欲しいのですが、重要度の高いh1を一ページに中に何度も使用するのは厳禁です。一番重要度が高い設定になっているh1は一ページに一回という決まりがあるので、これは厳守しましょう。